Since:2005/1/1
Total :
Today :
Yesterday :
証券会社を選ぶ

 証券会社に口座を開く理由は、お金のやりとりの代理と、取引所への取次ぎのためでした。

 さて、証券会社といっても、どの会社を選ぶのがよいでしょうか?
 そもそも株式投資は自己責任です。証券会社側の視点ですが、「いくらで売った・買った」の「お金がある・ない」といったトラブル防止の観点からもネット取引がいいと思います。
 買う側としても、誰からの指図やアドバイスも受けずに売買できますので、意思決定の判断が早くなります。ただ、一人で決めなければならないので、慣れるまで時間がかかってしまいますが。。。

 自分で意思決定し、証券会社は取り次ぐだけでいいといった場合、非常に「ネット売買」がオススメです。
 証券会社も営利法人ですので、無料で仕事はやってくれません。株を買ってくれるお駄賃(手数料)が必要なのです。この手数料は会社によって異なりますが、ネット取引は総じて低めで設定されております。
 というのも、上記クレーム対応の人員が不要になったり、システム投資だけで事が足りるので、証券会社側もお駄賃でお金を取りすぎる必要がないからと思われます。まぁ、手数料の算出根拠を教えていただける会社があったら、是非とも紹介してほしいものです。

 ネット売買はネット専業證券会社でも、大手専業会社でもできます。
 両社のメリット・デメリットは以下のとおりと考えられます。ただ、最近は大手証券会社(野村證券・大和證券・日興證券)もネットの設備投資が進んできておりますので、手数料は下げの方向ですね。売買取引報告書等もネット化すれば、口座管理料が無料になったりしますし。

  ネット證券会社 大手証券会社
メリット
・会社にとって・店舗維持費用・人員コストをサービスに割けれるので、ネットサービスの充実や顧客サービスが向上する。
・手数料が安い!
・長年の営業ノウハウと顧客がいるので会社として安定しているといえる。
・トラブルの際、 信用低下を抑える活動が大きく有人店舗もあるので安心する。
デメリット
・トラブルの際、会社への往訪によるヒアリング等対応ができない。
・信用が低く、会社運営が上手く回っているかがわからない。
・会社の動きが遅い。
・手数料が高め。
具体的社名とコメント
・松井証券
・楽天證券
・E トレード證券
・マネックス證券
・オリックス證券


・野村證券
・大和証券
・日興証券




(参考)ネット證券比較のポイント
・手数料、口座管理料、情報料等の費用
・取扱い商品(上場株式、店頭登録株式、ミニ株、信用取引、オプション取引、MMF等)
・売買注文の受付時間(平日・休日の違い)
・投資情報(銘柄情報、リアルタイムでの価格 )
・ 取引を行う前に必要額はいくらぐらい要求されるのか?
・オンライン・サービス以外での問合せ(電話、Fax、電子メールの利用)
・ システムの許容量・リスク管理、使い勝手のよさ等( 例えば、アクセスの早さ、安全性)
・ 顧客対応

当サイトは、全ページリンクフリーです。
ホームページ上の情報の内容に関しては、その内容を全て保証するものではございません。
当サイトの利用において万が一不利益、損害が生じましても責任は一切負いません。 広告・情報ご利用の最終判断は自己責任でお願いいたします。
尚、内容の不備等がございましたら、お知らせ頂ければ、当該情報の訂正をさせて頂きます。
CopyRight(C) Courtesy , All Rights Reserved.