Since:2005/1/1
Total :
Today :
Yesterday :
入金

 證券会社を選び口座を開設したら、後は現金を入金するだけです。当然ですが、證券会社によって入金サービスは異なりますが、「ATM利用」か「口座振替」が主な手段と考えられます。

<< ATM利用 >>
 大手証券会社ですとお店にATMがあり、そこで現金を持参して入金します。
 大きな駅があるところに勤務している方や県庁所在地には、大手證券会社は進出しているものですので、店の中のをATM利用する方法も考えられます。
 また、郵便局や銀行等と提携し、ATMから入金受付をしているところもあります。入金には手数料はかかりませんが、出金にはお金がかかることもあります。
 入金するということは株を可能性があり、収益の可能性があり、ここでお金を取るようでは、その證券会社を利用したいとは思いにくいですよね。また、入金されたお金は短期運用で収益が上がる可能性があることから、預ける分には歓迎すると思います。
 一方、 出金は上記メリットと可能性がなくなりますので、なるべくお金を出せない工夫として、出金手数料をとるとこおろもありそうです。


<< 口座振替 >>
 證券会社も銀行の口座から引き落として決済する口座振替サービスもあります。
 店頭に行く必要がなく、ネットに接続できる環境であれば事足りますので、ネットでの口座振替をオススメします。最初はお金が正しく振り込まれているかどうかが不安になるところですので、小額での振り込みで試してみた方がいいと思います。
 證券会社がどこの金融機関と提携しているかは、口座開設資料を證券会社に請求して調べないとわかりません。
 おそらく大体の證券会社はネット銀行(ジャパンネット銀行・イーバンク銀行)であれば、受け付けているものと思います。
 

 
当サイトは、全ページリンクフリーです。
ホームページ上の情報の内容に関しては、その内容を全て保証するものではございません。
当サイトの利用において万が一不利益、損害が生じましても責任は一切負いません。 広告・情報ご利用の最終判断は自己責任でお願いいたします。
尚、内容の不備等がございましたら、お知らせ頂ければ、当該情報の訂正をさせて頂きます。
CopyRight(C) Courtesy , All Rights Reserved.