Since:2005/1/1
Total :
Today :
Yesterday :
株主優待を得る

 株主優待を得るには、株主優待を実施している「会社の株主になる」ことです。
 株主になるということは、株を買うことです。普通の食べ物を買うように、「お金を払って株を買う」のです。
 
 お金を払うといっても、一人一人が会社にいって「あなたの会社の株を下さい」といっても、買えません。
 会社の総務担当者も一人一人を相手にすると実務上パンクしてしまいます。
 そもそも、誰から株を買うのかわからないです。また、常に売り手買い手がある上場会社ですし、値段が刻々と変わる中、今いくらということを決められないです(相対で決めるのもアリですが)。
 お金を数えたりすることも手間なので、なるべくやりたくないものです(お金が足りなかったとか、トラブルのタネになってつまらないところで信用が落ちるのも不本意です)。
 
 以上の情報を取り纏めているのが取引所です。「東京証券取引所」とか「大阪証券取引所」等です。
 取引所で誰がいくらで売りたい・買いたいといった情報を提示しています。

 前置きが長くなりましたが、株を買うには、取引所が提示している情報を元に、「売る・買うをつなぐ」ことになります。そのつなぐ仕事をしているのが証券会社です。売り買いをつなぐ仕事を「ブローキング業務」といいます。

 証券会社も自分のお金で株を買うわけではなく、株を買いたい人のお金を使って代理として買うわけです。人にお金を預けて買ってもらう、お遣いのようなものです。
 当然ながら、証券会社でもない袖は振れませんので、株を買いたい人がお金を証券会社に一時的に預けける必要があります。
 株を買う都度、現金で購入するものできないことはないのですが、今の世の中、それを一人一人やることは現実的ではありません。よって、証券会社に口座を開設し、そこにお金を一時的に入金しておくのです。証券会社も預かったお金をそのまま置いておくのではなく、いつでも換金可能な短期運用をしている会社もあります(これで証券会社も預けた人も両方儲かります)。
 
 よって、証券会社に口座を開設するのはおわりになっていただけましたでしょうか?
 次には、証券会社を選ぶ必要があります。国内には数多くの証券会社があります。普通のお店を開いている会社もあれば、ネット専業の証券会社もあります。詳しくは「証券会社の選択」をご覧下さい。

(参考)
 「信用取引」といって、証券会社がお金を貸して株を買い付ける方法もあります。お金を貸しているので利息は負担する必要もありますので、信用取引をする際には注意が必要です。
 まぁ、お金を借りてまで株を買うわけですし、トラブルの香りがしますよね。そんなわけで、金融庁も証券業協会もある程度制限をかけております。また、販売資格を取得しないと販売させないようにしているわけです(金融機関にお勤めの方には取得・維持が悩ましい外務員資格)。


当サイトは、全ページリンクフリーです。
ホームページ上の情報の内容に関しては、その内容を全て保証するものではございません。
当サイトの利用において万が一不利益、損害が生じましても責任は一切負いません。 広告・情報ご利用の最終判断は自己責任でお願いいたします。
尚、内容の不備等がございましたら、お知らせ頂ければ、当該情報の訂正をさせて頂きます。
CopyRight(C) Courtesy , All Rights Reserved.