Since:2005/1/1
Total :
Today :
Yesterday :
株主優待とは

 株主優待は、上場会社の4分の1に当たる約1,000社で実施されています。
 会社によっては配当金以上の優待も少なくありません。そもそも応援したくなる企業の株式を購入するわけですから、毎年得られる配当収入だけでなく、さらに優待として上乗せしたサービス(プレゼントや食事券といったもの)が得られるとなお嬉しいですよね。

 また、企業の業績がよければ、株の値上がり益も得られる可能性もあります。
 逆に業績が不振であり、配当が少なくても(ない場合もあります)優待だけでも得られれば、そこそこの収入になります(ゼロ金利が解除されたとはいえ、まだまだ金利収入は少ないですし)。

 自分にとって得になる株主優待銘柄を発見・知ることが優待を使いこなすコツです。
 自分の住んでいるところの近くに優待を使える店がないと売却しかないですよね
(ヤフーオークションやチケットショップで売却狙いもありえますが)。
 株主になれば、決算書や事業計画等も送付されてきますので、その会社が決算時点でどういう状況なのかも知ることができます。また、上場会社 株主の一人として、株主総会に堂々と参加することも可能です。出資者ですから当然です。普通の一個人ですと、いつどこで株主総会が開催されるかは知らないものですし、そもそも株主総会に参加させてもらえないと思います。
 最近では会社を知ってもらうPRの一つとして活用している会社もあります。そもそも、自分が支払ったお金がどう使われているのかわからないも、嫌なものですよね。
 
 株主になるのは簡単です。会社の株を購入(出資する)するだけです。
 株主優待を得るには会社によって取得株数が決まっています(1〜1,000株)。その数に見合った株を購入すればいいだけです。1株あたりの金額は証券会社やYahooでも検索可能ですので、おのずと予算はわかります。 安いもので、数万円からもありますし、高いものは100万円を超えるものもあり、会社と株価によって様々です。

 そもそも、有価証券投資は見えないものに投資しわかりくいものがあります。何より、値下がりリスクもありますから、元本保証されないことが嫌いな人にとっては嫌いかもしれません。
  しかし、節約の大きい使い方もあります。知らないで思い込みだけで判断するよりは、メリット・デメリットを自分で判断できることが一番大切だと思います。
 
 上述のように、株主になるのは簡単です。後は、買うか買わないか判断するだけです。
 知ってる・知らないをなくすためにも、本サイトを活用していただけたらと思います。
 幸いなことに、権利確定日までに株を買えばいいので、今からでも決して遅くはないです。
 さぁ、あなたも株主となって優待を得ませんか?

当サイトは、全ページリンクフリーです。
ホームページ上の情報の内容に関しては、その内容を全て保証するものではございません。
当サイトの利用において万が一不利益、損害が生じましても責任は一切負いません。 広告・情報ご利用の最終判断は自己責任でお願いいたします。
尚、内容の不備等がございましたら、お知らせ頂ければ、当該情報の訂正をさせて頂きます。
CopyRight(C) Courtesy , All Rights Reserved.