Since:2005/1/1
Total :
Today :
Yesterday :
口座開設


 どの證券会社で口座を開くか迷っているならば、口座開設の資料を請求することが一つの方法です。
 證券会社としても、自社がどういう基準で証券業を営んでいるかを知ってもらうことが第一歩ですから、資料請求を拒否している会社はほとんどないと考えられます。
 資料請求者が口座開設を本当に意識しての情報収集のためなのか、とりあえず請求したのかということを判断するのは難しいですが、まったく興味のない人よりは可能性が高いので、資料請求をオススメします。

 口座を開設したからといって、株をすぐ買わなければいけないかというとそうではないです。
 そもそも、使い道のなかった余裕のある資産で株式を買う目的であれば、常に買う必要はないのです。
 長期投資の観点からも、

 ただ、最近は口座開設の際、不正使用の防止(マネーローンダリング)から厳しくなってきております。
 證券会社が本人であることを確認するには、運転免許証や健康保険証、旅券(パスポート)を利用します。これらは国が認め発行している書類なので大丈夫と判断します。

当サイトは、全ページリンクフリーです。
ホームページ上の情報の内容に関しては、その内容を全て保証するものではございません。
当サイトの利用において万が一不利益、損害が生じましても責任は一切負いません。 広告・情報ご利用の最終判断は自己責任でお願いいたします。
尚、内容の不備等がございましたら、お知らせ頂ければ、当該情報の訂正をさせて頂きます。
CopyRight(C) Courtesy , All Rights Reserved.